雪国暮らし

生まれも育ちも北海道。独身30代の日々の生活の記録。

美容費を抑えるために、止めたこと・始めたこと

スポンサーサイト

 

f:id:mochimine22:20180204231938j:plain

 

こんばんは~

mochi(@mochimine22)です。

 

数年悩んでいた美容費の削減のために

止めたこと・始めたことをご紹介します。

 

美容費を抑えたい方の

ヒントになれば幸いです。

 

 

美活で止めたこと

 

毎月のジェルネイル

ジェルネイル、楽しいですよね。

事務職なので、仕事中のPC作業中に

お気に入りのネイルが視界に入るたびに

良い気持ちで過ごすことができました。

 

しかしながら、爪は薄くなっていくし、

伸びた時はカッコ悪いし、

何より毎月固定で3,000程度の出費があるのが

気になっていました。

 

本当にネイルが必要なのか…

毎月考えていました。

 

格安の美容室で小まめに手入れをする

美容室って高くないですか?

大学生の頃、めっちゃ貧乏学生だったので、

自分でカットしていました。

 

美容室に行くのは年1回。笑

 

社会人になったら身だしなみを整えたくて、

カット(シャンプー込)2,500円くらいの美容室に、

毎月通っていました。カラーを始めてからも、

リタッチに毎月通いました。

 

安いから毎月払える。

 

でも、髪型が全然垢抜けなかったんですよね。

安いからなのか、自分のオーダーの仕方が悪いのか

分からないままでした。

 

スポンサーサイト

 

化粧品のトレンドを追いかける

小学生の頃からコスメが大好きでした。

自分の顔にお化粧はしてなかったのですが、

お店のテスターを試しまくったり、

美容雑誌を読んでいました。

 

その名残なのか、大人になってからも

色々試してみるのが大好きです!

特にプチプラコスメとスキンケア商品。

 

でも使い切ったコスメは

ほとんどありませんでした。

 

無駄だなー

定番の化粧品を決めたいなー

といつも思っていました。

 

ボディークリームを止める

ボディークリームってピンキリで、

安いのからお高いものまで色々。

 

たっぷり使うので、すぐなくなるし、

微妙に高いし、どうにかならないかと思っていました。

 

美活で始めたこと

 

セルフネイルを始める

セルフネイルに変更するにあたり、

私が譲れなかった点は、

 

・モチがいい

・ツヤがある

・速乾

 

特に重要だったのは、「速乾」

乾くの待ってられない!

 

色々試して行きついたのが、

エテュセのジェルカラーコートPK1

すでに2本目突入です。

 

HOMEIのウィークリージェルも

購入してみましたが、

PCのタイピングをしたら、

面白いくらいはがれて、1日もちませんでした。

 

使いやすくて良かったのに、

残念です。

 

ちょっとお高い美容室に行く

垢抜けない原因を探るために、

ちょっとお高くて、おしゃれ感を

全面に打ち出した美容室へ行きました。

 

カラーのもちも違うし、

流行の色の中から似合う色を提案してくれるし、

カットも全然違ってビックリしました。

 

お陰さまで毎月通っていた美容室は、

2ヵ月に1回となりました。

 

1年単位で考えると、

カット代は格安とあまり変わらず…

技術にはしっかりお金を払おう!

と思った出来事でした。

 

スポンサーサイト 

 

定番コスメを決める

スキンケアとメイク用品の定番を決めました。

お肌の調子に合わせて2パターン。

 

買い物に時間をかけなくなりましたし、

毎月買い足すモノが決まっているので、

予算も立てやすくなりました。

 

ベビーオイルをフル活用

オイルはべたつくので苦手でしたが、

ベビーオイルは肌馴染みが良かったので、

使ってみたら気になりませんでした。

 

乾燥が気になる時は、

乳液に混ぜます。

 

全身にはお風呂上りに

体が濡れた状態でオイルを塗ります。

 

その後、タオルで軽く水分を取ると、

お肌しっとり、乾燥知らず。

 

ボディークリームを使っていた時よりも、

乾燥が気にならなくなりました。

 

美容にお金をかけない・かける

月並みな意見ですが、

美容費もメリハリが大事だと学びました。

 

私の場合は、髪はお金をかける。

それ以外は、工夫とプチプラで乗り越える。

 

私は社外の人と会わない仕事なので、

そんなに見た目に気を遣わなくてもOKですが、

営業さんや受付の方は、身だしなみがすごく大切ですよね。

 

職業などによって、

美容にかけるお金は全然違うと思いますが、

工夫とメリハリを考えて、

毎月の出費を見直すことも大切ですよ◎