ヒヨコの日記

シンプルな生活・賢い主婦を目指すブログ。

貯金の基本は先取り貯金*仕組みを作れば勝手に貯まる。最初が肝心。

お給料をしっかり0円になるまで使い果たし、

貯金が全然できなかった独身時代のヒヨコ。

 

子供の頃から浪費体質でした・・・

 

そんなヒヨコでも、毎月コツコツ貯金ができるようになりました。

 

振り返ってみると、貯金ができなかったのは自分の意志の弱さではなく、

貯金への取り組み方に問題があったと思うんです。

 

今日は貯金を頑張りたいと思っている方へ、

我が家の貯金方法についてお話したいと思います。

参考になれば幸いです。

 

 

こんな方にオススメ

貯金ができず、挫折した方

カンタンな貯金方法を知りたい方

意志が弱くて貯金ができないと思っている方

 

 

まずはチェック!貯金ができない人の特徴

f:id:mochimine22:20180117020539j:plain

 

*生活費と貯金用の口座を分けていない

*給料の残りで貯金をしようとしている

*毎月の支出を把握できていない

*貯金の目的が明確ではない

*月々の貯金金額の設定が高すぎる

 

私が考える貯金ができない人の特徴です。

そして、貯金を何度も失敗していた頃のヒヨコの特徴でもあります。

 

生活費と貯金用の口座が同じ場合、いくら貯金したのか把握することが難しく、

また、給料の残りで貯金しようと思っていても、お金って残らないものです。

そして、毎月出ていくお金を把握していないので、

せっかく貯金しても貯金を取り崩します。

 

精神論か!と思われるかもしれませんが、お金は使う為にあるので

貯めて何をしたいのかが明確にしなければ、モチベーションが保てず

ちょこちょこ貯金に手をつけていました。

その結果、思うように貯まらないので挽回策として、

無理な金額での貯金計画をして破綻していました。

 

オススメの貯金方法は自動積立

 

f:id:mochimine22:20180113182337j:plain

 

貯金成功の秘訣は、先取りすることと勝手に貯まる仕組み作りです。

 

お給料が振り込まれたら直ぐに一定の金額を貯金に回してください。

貯金分を弾いた金額で1ヶ月生活するように予算を組み立てます。

 

それから、毎月決まった金額を取り分けるのは面倒なので、

お給料が振り込まれる口座の銀行で、自動積立の設定をしてください。

 

ヒヨコもソニー銀行で目的別に3本、自動積立の設定をしています。

何も考えなくても、勝手に毎月お金が貯まるので楽ちんです。

 

貯金の目的を明確に

なぜ貯金が必要なのでしょうか。

老後のため、欲しい物があるから、旅行のため・・・

100人いれば100通りの目的があると思いますが、

貯金生活が軌道に乗るまでは、具体的な貯金の目的があった方が

頑張れるとヒヨコは思います。

 

ヒヨコは月5,000円積立で、

10万円貯めて旅行へ行くことを目的に貯金を開始しました。

途中、生活費が足りなくなりそうで貯金を使いたい気持ちになった事もありますが、貯金用口座の通帳を見ると、旅行へ行く、10万円貯めるという目的が頭を過り取り崩さず貯める事が出来ました。

 

10万円貯まった頃には、50万円まで貯めたい気持ちが強くなっていたので使わず継続。大きく育った貯金は今秋の結婚式の費用として使う予定です。

 

貯金金額の設定について

手取り金額の2割を貯蓄に…など、色々な情報が飛び交っておりますが、

まずは無理のない金額からスタートしてください。

ヒヨコは月5,000円からスタートしました。

 

そもそも貯金に手をつけるという事は、家計管理が上手くいっていない証。

少額貯金をしつつ同時に家計の立て直しを進めると良いと思います。

 

家計簿をつけよう

お金の流れを確認する為に、1ヵ月家計簿をつけてみてください。

大まかなお金の流れが分かったら、そこから捻出できる貯金金額を決めます。

最初は少額で大丈夫。家計の無駄をつぶしていけば、貯金に回せる金額も増やせますので焦らずに。

 

家計を立て直す

家計簿をつけると、意外に多く費用がかかっている項目が

出てくると思いますので、抑える事ができないか考えてみましょう。

 

家庭の支出は、固定費変動費に分ける事ができます。

 

固定費:毎月費用が発生する項目(家賃など)

変動費:支出の中でも毎月金額に変動がある項目(交際費など)

 

最初に見直しをするのは、固定費です。

固定費は一度費用のカットができれば、その後の見直しはしばらく不要です。

対して変動費のを抑える事は毎月の状況にもより難しいので、

まずは固定費を見直してください。

 

予算を立てて生活

家計簿をつけて費用の見直しと先取り貯金の金額が決まったら、

残りのお金で1ヶ月生活できるように予算を組み立てます。

予算内に納まるよう意識しながら貯金生活をします。

 

ヒヨコは王道の袋分けをして管理していました。

今は慣れてしまった事とキャッシュレス生活をしているので、

袋分けを卒業しています。

 

袋分けに使用する袋は紙よりファイル袋がオススメです。

破れないし、中身の確認がしやすいです。

 

▼こーゆうやつ▼

 

最後に

貯金があれば不測の事態に余裕をもって対応できるので、

安心して生活する事ができます。

 

貯金0円だったヒヨコでも貯金ができたのだから、

仕組みと環境を整えれば誰でも成功できると思います。

 

ヒヨコの経験が誰かのお役に立てれば幸いです。